大分市の幼稚園・敷戸ふない幼稚園
サイトマップ
個人情報の保護方針
大分市の幼稚園・敷戸ふない幼稚園へのお問合せは097-569-2831までお気軽に。
  • 2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
2023 . 04 . 11

■ 一学期始業式


令和5年度の一学期の始業式が 

おこなわれました。

 

(クラス担任の先生に質問 「理想の先生を教えてください」)

あおぐみ こいで せんせい

「先輩の先生が理想の先生です。あたたかい雰囲気で、

どんなときも子どもたちを笑顔で迎えて受け止めて、

やるときは、しっかりとその子の力を伸ばしてあげる先生です」

 

きぐみ どい せんせい

「先輩の先生を見て感じたことですが、

同じ状況であっても、年齢だったり、その子の状況によって、

その子に一番適した言葉がけや接し方がある…

それを適切に選択できる先生が、私の理想の先生です」

 

ふじぐみ はだの せんせい

「子どもたちと一緒に喜んだり、悲しい時に泣いたりする先生だと思います。

自分が親になった気持ちで、自分の本当の子どもだと思って、

クラスの子どもたちと接したい…親馬鹿という言葉がありますが、

担任馬鹿になる位の気持ちで接していきたいです」

 

みどりぐみ さとう せんせい

「先輩の先生が理想の先生です。年長さんからびよぴよクラスまで、

子どもの年齢に合わせて、声かけの仕方からガラッと変えて関わっている姿が

すごいと思います。私も年齢や個々の事情に合わせて

適切な援助をしていける先生になりたいと思っています」

 

 

私の考える幼稚園の“理想の先生”は

「厳しさと優しさのバランス」のとれた先生です。

 

幼稚園は、まず「楽しくなければならない」

そのためには、先生の優しさはとても大切です。

 

その中で、一定の保育の成果を出さなければならない

だから厳しさも必要です。

 

成果を追求しすぎることは、厳しさに歯止めがかからず、

ひいては虐待に繋がっていくことになります。

 

年少、年中、年長と、

年齢によって求められる成果が変わってくるので

子どもたちに対する接し方も変わってくるでしょう。

 

先生の優しさ・幼稚園の楽しさの中で、

緩やかながらも成果を積み重ね、

それを次の意欲につなげる先生こそが理想であり、

それが園の方針でもあります。

 


Filed under: 園だより
このページの最上部へ戻る